インポテンツに悩む若者の写真

男としてイザというときに勃起しない…ということにはなりたくありませんよね?通常、インポテンツは加齢と共に進行していくことが多いですが、精神的なものが原因で若者もそうなってしまうこともあります。それぞれにあった適切な改善方法を探しましょう。

インポテンツの特徴と勃起力を維持させる手段

インポテンツとはセックスをしても射精せずに終わることが多い状態を指します。
たまに体調が悪くて射精に至らない場合は該当しません。
75%を超える確率で射精しない場合をインポテンツと呼ぶことが多いですが、確率に関係なく自分またはパートナーが不満を感じれば該当すると考えていいでしょう。
インポテンツの特徴として多いのは、勃起力が低下する、中折れするなどです。
セックス前は十分に勃起していても、挿入後に中折れするならインポテンツだと考えていいでしょう。
ただ、勃起力が十分にあるのに射精しない場合は、単に感度が弱いと表現することが多いです。
あくまで勃起力に問題があって射精しない状態を指すのが一般的です。

年齢を重ねてくると、勃起力を維持するのが難しくなります。
これは年齢的な問題であり、インポテンツとは呼びません。
ただ、加齢のほかに生活習慣なども影響して勃起力を維持できないならば該当します。
いずれにせよ射精に至らない状態が多いのが特徴であり、性生活に多大なデメリットを与えます。
過度の疲労やストレスにより一時的に立ちが悪くなる状態は指しません。

中年世代になると少しずつ勃起力は低下してきて、ガチガチの状態を維持するのが難しくなります。
これは年齢的な問題ですが、中年世代はストレスが増えやすい時期でもあり、ストレス性のインポテンツを引き起こす可能性が高いので注意が必要です。
ストレスを感じてしまうと、毛細血管が収縮して勃起力を弱めてしまうのです。
女性からインポや早漏などと言われて、ショックを受けて立たなくなるのも似たようなものです。
コンプレックスが原因のインポテンツの特徴は、コンプレックスを解消すれば即座に治ることです。
生活習慣に由来する症状よりも治しやすいと言えます。